<   2014年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧

キヤノン写真RAW現像ソフト DPP4.0 大幅VerUPしました ~Ver4.7.21(2018/01/30)~

キヤノン純正の写真RAW現像ソフト、
Digital Photo Professional(DPP4.0)が、
64bitネイティブ環境に対応し、高速化&高画質化。
大幅にバージョンアップされました。

 DPP Ver4.0
   ↓
 DPP Ver4.7.21(2018/01/30)
 ○デュアルピクセルRAWオプティマイザが起動できない
  場合がある現象の修正。
 ○Windowsのみ、高解像度モニターを使用の際に、
  フィルター/ソートパネルの表示に不具合がある現象の修正。

 ※2018年最初のアップデートは、修正程度のようですね。


------------------------------------------------------------

DPP4のダウンロード先は↓こちら

  RAW現像ソフトDPP4の各仕様はこちらから
   ( Windows 32bit OSに機能限定で対応 )

  DPP4.7.21 for WindowsのDLは こちら

  DPP4.7.21 for MacOSXのDLは こちら
------------------------------------------------------------

製品マニュアル、取扱説明書は↓こちら

  DPP 4.7(Windows)の取扱説明書は こちら 

  PictureStyleEditor1.19.10(Windows)は こちら

  EOSUtility3.7.0(Windows)は こちら

  製品マニュアル一覧は こちら 

------------------------------------------------------------




 評判は良いみたいですが、
 どのくらい使い勝手が向上したのか、
 早速使い方含め検証レポートしてみました。




~ サムネイル画面 ~

 サムネイル画面は今までのDPP3.xと余り変わらず
 違和感なく使えます。
 DPP4.xで一度画像フォルダを開くと
 サムネイル画像も同時に作成、保存されるようで
 二回目以降に画像フォルダを開く時、
 高速に表示されるようになりました。
 今までのDPPより作業性を高めてくれます。

 嬉しいのは、クイックチェックツール時に
 等倍、200%でチェックできることと、
 セレクト編集画面で、
 等倍、200%で表示したまま、
 次々と表示してくれる事。
 (デフォルトで200%、最大400%まで拡大できます)

 表示も早くなっているそうで
 DPP3より写真選別の作業性を高めてくれます。

 ~追記~
 メイン画像は、ワンクリックで拡大縮小
 できるのも素早くチェックでき、
 使いやすい仕様になりました。
 (ワンクリック、ダブルクリック選択可)
b0157849_13355925.jpg




~ RAW現像画面 ~

 今までのDPPよりRAW現像の各設定が増え、
 増えたツールパレットに各パラメータは設定を
 細かく設定できるようになりました。

 特に色調整はかなり細かく操作でるようになって
 「ハイライト」「シャドウ」のスライダー機能の
 画像調整領域拡大もできるようにもなりました。

 ここまでくると、マスクや、追い焼きのように
 画像の一部分を変える機能があったら良いなと
 欲が出てしましますが、
 DPP3よりかなり追い込んだ現像が可能となっています。

b0157849_13390040.jpg




~ セレクト編集画面 ~

 セレクト画面上で、次々に画像確認する時に、
 甘い表示からくっきりとした表示に変わるのに
 一秒くらいの間を要するので、一瞬ピンぼけ?
 と、思ってしまうので、
 もう少し高速化して欲しい所です。

 私の場合、DPP3.xxではセレクト編集中に
 強制終了になる事がよくあったけど、
 DPP4.0以降、強制終了になった事はありません。
 この部分はとても快適になりました。

b0157849_15034772.jpg




~ セカンドウインドウ ~

 今回、セカンドウインドウが4つまで表示され、
 二画面ある方は、別画面にて表示すると、
 画面の各部分を拡大調整(400倍まで対応)
 しながら、確認ウインドウとして利用できます。

 ピントチェックや、色変化の確認等、
 4つのウインドウの使い方次第で
 現像効率は上がり、今後が楽しみです。

b0157849_14444773.jpg




~ ツールパレット:メイン画面 ~

 明るさ調整が±3.00まで調整可能になり、
 詳細設定の各数値が、0.1単位で調整できる
 ようになったのは嬉しいですね。
 色の微調整もこのままの画面で
 できるようになりました。 

 色温度の設定範囲が、
 2500-10000だったのが、
 2000-10000の範囲に広がって
 地味に嬉しい部分です。

b0157849_16345147.jpg




ツールパレット:トーンカーブ



b0157849_15052699.jpg



ツールパレット:色調整

 こちらがDPP4.0以降になって増えた画面。
 こちらの数値も各0.1単位で調整できます。
 ※DPP Ver4.5.0から?
  モノクロボタンが追加されていました。
  このボタン一押しで、彩度が0になり、
  モノクロ設定されます。
  その後、赤や青等のバーを操作して、
  セピア調や、青みがかった単色写真が
  簡単に作れるようになりました。


b0157849_04024581.jpg
  モノクロ編集画面
b0157849_04025630.jpg

  旧ツールパレット
b0157849_15063871.jpg



ツールパレット:レンズ調整、他 ~

 デジタルレンズオプティマイザ(DLO)
 が、DPP3.xのDLOより快適に動き、
 使い勝手の良いものとなっているのが
 純正レンズ使いにはありがたいです。
 (メモリ上で動作させている為か、
  DLO適応させてもDPP3.xのように
  ファイルサイズは倍になったり
  しないのが助かります。)

b0157849_15071200.jpg




ツールパレット:トリミング・角度調整

 DPP3の頃からずっと思っているのですが、
 トリミング比率のデフォルトを
 編集写真の対比に合わせてあったら
 助かるんですが、そういうのは
 無理なんでしょうかね?

※Ver4.7.2(2017/11/1)で改善されたみたいです。
 縦写真では縦方向のトリミング、
 横写真で横方向のトリミングに
 自動でなってくれるようになっていました。
b0157849_15060646.jpg





ツールパレット:コピースタンプ


b0157849_15081193.jpg



~ HDRツール ~

 ツールバーにあるツールより、
 「HDRツールを起動」を選択し、
 逆光で真っ黒につぶれてしまう被写体と、
 明るい日暈を両立させるために、
 HDRを使ってみました。

 HDR油絵調
b0157849_00181035.jpg

油絵調を作るために、
以下の3枚の写真を用意し、
HDR油絵調合成をかけました。
b0157849_00184370.jpg
b0157849_00185091.jpg
b0157849_00185520.jpg



~ その他 ~

 各数値が、0.1単位で調整できるようになったのは嬉しいですね。

 動画にも対応になってるのは地味に嬉しいです。




今の所、最新のフルサイズカメラ
キヤノンの一部の最新カメラにか対応していない為、
今後の更なるVerUPの期待も含め、
楽しみなバージョンアップとなっていました。
(対応機種 EOS-1Dx、EOS-1D C、EOS 5DMarkIII、EOS 6D
      EOS-1DMark IV、EOS 7D2、EOS 70D、 EOS 7D
      EOS 5DMarkII、EOS KissX7i、EOS Kiss X7に対応)

※リモート撮影、EOS Utility 3.0については、使用していないので割愛




------------------------------------------------------------
~追記:現像速度2014~
------------------------------------------------------------

 私の使い方が悪いのか、
 現像スピードは、現状で致命的に遅いようです。

写真1花(※手動計測)
 DPP4.00  14.9秒
 DPP3.14  8.1秒
 adobeLr4.4 4.3秒

写真2風景(※手動計測)
 DPP4.00  17.1秒
 DPP3.14  8.5秒
 adobeLr4.4 3.2秒

アドビ・ライトルームがダントツに早いですね。
少なくとも、DPP3.xより早いのを期待してたので、
残念な結果です。
DPP4.0におけるRAW現像の高速化の方法は
何かあるのでしょうか?

------------------------------------------------------------
~追記:現像速度2017~
------------------------------------------------------------

新ノートPC(Corei7 7700HQ2.8GHz)
とAdobe Creative Cloudフォトプラン
を契約し、最新版ライトルームクラシック
を手に入れたので、
現像時間を再計測してみました。
参考にどうぞ。
やはりライトルーム早いですね。

~2017-12-30~
写真 紅葉 5D4使用(※手動計測)
 DPP 4.72  23秒 DLO
 DPP 4.72  21秒 DLO無し
 LrClassic 7.1 6秒




現在の使用感はこんな感じですが、
DPP4.0とはいっても、人柱?ベータ版?という感じで、
DPP4.0は、DPP3.14を基準に、0から作り直した感があり、
まだまだ未完成か感じが漂っています・・・
機種限定で対応したのは、そのせいもあるのかな?
使い方、対応機種も含め、更なるバージョンアップに期待したいです。


私自身、DPP3.xからの仕様変更にまだ対応できておらず、
使い慣れてくると、まだまだ使い勝手は向上しそうで、
今後レビューを増やして行けたら、と思います。




~追記の追記~
 レシピの保存が、ピクチャースタイル、レンズ補正、ノイズリダクション
 オートライティングオプティマイザ、コピースタンプ、トリミング、角度調整等々、
 各項目ごとに選択して保存ができるようになったのは
 状況により使い分けができ、ありがたいです。
 もちろん、一括保存。も可能。 




------------------------------------------------------------
~DPP4.xアップデート履歴~
------------------------------------------------------------
~Digital Photo Professional 4.1.50 for Windows の変更点~
  EF100-400mmF4.5-5.6L IS IIUSM,EF-S24mmF2.8STM
  EOS-1DMark IV,EOS 70D,EOS 7D,EOS 5DMark II
  EOS KissX7i、EOS KissX7に対応。

~対応カメラ(2014-12-19現在)~
  EOS-1D C,EOS-1Dx,EOS-1DMarkIV,EOS 5DMark III
  EOS 6D、EOS 7DMark II、EOS 70D、EOS 7D、
  EOS 5DMark II、EOS KissX7i、EOS Kiss X7に対応。


~対応カメラ(2015-04-08現在)~
  DigitalPhotoProfessionalVer 4.1.50
              (2014/12/19)
  新たにEOS-1DMark IV、EOS 70D、EOS 7D
  EOS5DMark II,EOS KissX7i,EOS KissX7に対応)
   (3月下旬 Windows 32bit OSに対応予定)
  EF11-24mmF4L USM、EF-M22mmF2 STM
  EF-M11-22mmF4-5.6 IS STM
  EF-M18-55mmF3.5-5.6 IS STM
  EF-M55-200mmF4.5-6.3 IS STMに対応。


~DigitalPhotoProfessional Ver4.2.10(2015/04/08)~
  CANON EOS8000D,EOS Kiss X8i,EOS M3に対応
  Windous 32bit OSに対応(一部機能制限あり)
  WindowsOS 32bit版 64bit版の違いはこちらから)
 (DPP3.xxシリーズも、地味に3.14.48にアップデート)


~DigitalPhotoProfessional Ver4.2.32 (2015/06/10)~
  CANON EOS 5Ds、EOS 5Ds R対応。
  ホワイトバランス設定でカメラ本体の
  オート(ホワイト優先)機能対応。
  ピクチャースタイル 「ディテール重視」追加。
  多重合成ツール追加。
  HDRツール追加。


~DigitalPhotoProfessional Ver4.3.0 (2015/08/06)~
  CANON EOS KissX70、 EOS M2、 EOS M
  EOS 60Da、 EOS 60D、
  PowerShot G7 X、 PowerShot G1 X Mark IIに対応


~DigitalPhotoProfessional Ver4.3.31 (2015/10/30)~
  EOS M10,EOSKissX6i,EOSKissX5,EOSKissX50,
  PowerShotG9x,PowerShotG5x,PowerShotSX60HS
  EF35mm 1.4LII USM、EF50mmF1.8STM、
  EF-M15-45mmF3.5-6.3 IS STMに対応・・他


~DigitalPhotoProfessional Ver4.4.30 (2016/4/5)~
  EOS-1DxMark II,EOS KissX80,EOS 80D
  EOS KissX4,EOS Kiss X3,EOS Kiss X2
  EOS Kiss F, EOS 50D
  EOS-1Ds Mark III,EOS-1D Mark III
  PowerShot G7 X Mark II, PowerShot G16
  PowerShot S120, PowerShot G1
  EF-S18-135mmF3.5-5.6IS USMに対応しました。
  個人的にEOS50Dの対応がとても嬉しいです。
  あとEOS 40D、EOS KissDN希望です。


~DigitalPhotoProfessional Ver4.5.0 (2016/9/8)~
  今回は、新しく出る
  CANON EOS 5D Mark IV と、
  EF-M28mmF3.5 マクロIS STM
  に対応。と、小変更のようです。
  (ツールパレットに、モノクロボタンが新設
  されていました。今回から?)


~DigitalPhotoProfessional Ver4.5.1 (2016/10/25)~
  今回は、11月に新しく出る
  CANON EOS M5 と、
  EF-M18-150mmF3.5-6.3 IS STM
  EF24-105mmF4L IS II USM
  EF16-35mm F2.8L III USM に対応
  と、
  EF35mm F1.4 II USM 用の
  DLOのレンズデータの精度を向上
  (デジタルレンズオプティマイザ)


~DPP Ver4.6.10(2017/3/23)~
  EOS-1DsMarkII,EOS-1DMarkIIN,EOS-1DMarkII
  EOS5D,EOS40D,EOS30D,EOS20Da,EOS20D
  EOSKissDigitalX,EOSKissDigitalN
  PowerShotG9XMarkII
  PowerShotG15,PowerShotS110,PowerShotS100
  EF70-300mm F4-5.6IS II USM に対応
  EF50mmF2.5コンパクトマクロ
  EF24-85mmF3.5-4.5USM
  EF-S60mmF2.8マクロUSM、用の
  DLOのレンズデータの精度の向上。
  過去所有した全てのキヤノン一眼レフカメラに
  対応したのがありがたいです。
  とはいうものの、やっとですね。
  キヤノン純正なので、
  もっと早く対応してもらいたい所でした。


~DPP Ver4.6.10(2017/3/23)~
  EOSKissX9i,EOS9000D,EOSM6に対応
  EF-S18-55mmF4-5.6IS STMに対応。


~DPP Ver4.6.30(2017/6/30)~
  EOS 6DmarkII,EOS KissX9,EOS-1D,EOS-1Dsに対応
  色モアレ低減機能を追加。
  EOS 5DmarkIVのCanonLog仕様に対応。


~DPP Ver4.7.1(2017/9/28)~
  EOS M100 に対応しました。


~DPP Ver4.7.2(2017/11/1)~
  PowerShotG1XmarkIII,PowerShotG12,PowerShotG11
  PowerShotG10,PowerShotG9,PowerShotS95
  PowerShotS90,PowerShotSX50HS,PowerShotSX1isに対応。
  EF85mmF1.4LIS USM,EF-S35mmF2.8マクロIS STMに対応。
  EOS6DMark IIとTS-E50mmF2.8Lマクロ、
  TS-E90mmF2.8Lマクロ、TS-E135mmF4Lマクロ、
  TS-E17mmF4L、TS-E24mmF3.5LII
  を組み合せて撮影した画像に
  色収差補正、周辺光量補正、歪曲補正、DLOの対応。




------------------------------------------------------------

DPP4のダウンロード先は↓こちら

  RAW現像ソフトDPP4の各仕様はこちらから
   ( Windows 32bit OSに機能限定で対応 )

  DPP4.7.21 for WindowsのDLは こちら

  DPP4.7.21 for MacOSXのDLは こちら
------------------------------------------------------------

製品マニュアル、取扱説明書は↓こちら

  DPP 4.7(Windows)の取扱説明書は こちら 

  PictureStyleEditor1.19.10(Windows)は こちら

  EOSUtility3.7.0(Windows)は こちら

  製品マニュアル一覧は こちら 

------------------------------------------------------------



[PR]
by meister_shaku | 2014-06-26 15:12 | カメラ、PC環境 | Comments(2)

ミハエル・シューマッハ(元F1)意識回復し退院

ミハエル・シューマッハが病院を退院したとニュースが流れました。
ただ、ニュースを見る限り、あまり良い状態での退院とは思われず、
色々と想像をしてしまうのですが、
ファンの一人として嬉しいニュースでした。
ひとまずは、退院おめでとうございます。


今回の退院のニュースを聞いて
写真にはまるきっかけになった2006年の鈴鹿でのF1を
思い出しながら、過去写真を見返してみました。


F1観戦に行った2006年は、
  シューマッハの二位に、
日本から3チームが参戦、
  BARホンダ
  スーパーアグリF1チーム
  パナソニック・トヨタ・レーシング
日本人ドライバーが
  佐藤琢磨
  山本左近
  井出有治
と、日本人にとって見所ある
活気のあるF1でした。

2006年、EOSkissDNと70-300のレンズで初めて撮ったF1
下手な鉄砲でしたが、写真にはまるきっかけの一つとなりました。

フェラーリ ミハエル・シューマッハ
b0157849_11511746.jpg


2006年フェラーリに在籍してた頃のミハエル・シューマッハ
鈴鹿サーキットでのドライバーズパレードにて
b0157849_11515218.jpg



最後に観戦に行ったのが2011年
カメラもレンズも、グレードアップして撮影に挑んでいますが、
写真はあまり上達してないような気もします…(汗

EOS 7D + EF70-200 F2.8 L IS ⅡUSM 1/160
Mercedes GP Petronas F1 Team ミハエル・シューマッハ(2011)
b0157849_11513362.jpg


Mercedes GP Petronas F1 Team ミハエル・シューマッハ(2011)
b0157849_11514473.jpg

ミハエル・シューマッハは現役を退いているので、
F1マシンに乗る事はないのでしょうが、
また元気な姿になったを見せてくれる事を
期待したいと思います。

そして、今年は久しぶりにF1へ観戦に行く予定なので、
今後も良いニュースが聞けるのを楽しみにしていたいと思います。


鈴鹿サーキット、富士スピードウェイでの F1写真はこちら 



[PR]
by meister_shaku | 2014-06-21 22:41 | 写真 | Comments(0)

紫陽花-20140619(ハイドランジア№4)

義妹から送られてきた紫陽花を使っての

自宅マクロ撮影シリーズ

ハイドランジア№4
b0157849_21481810.jpg
Canon EOS 5DMarkⅢ+ EF100mm F2.8 L macro IS USM



紫陽花写真のブログ記事は  こちら  から




[PR]
by meister_shaku | 2014-06-19 21:51 | flower photo | Comments(0)

キヤノンの写真現像ソフト DPP4.0 ~Ver 4.3.31 32bitOS対応~

キヤノン純正の写真現像ソフト、
CANON Digital Photo Professional(DPP3)が、
6月26日大幅にバージョンアップされるそうです。

  DPP Ver4.0.0
    ↓ ↓
  DPP Ver 4.3.31 追加 (2015/10/30)

   EOS M10、EOSKissX6i、EOSKissX5、EOSKissX50、
   PowerShotG9X、PowerShotG5X、PowerShotSX60HSに対応
   EF35mm 1.4LII USM、EF50mmF1.8STM、
   EF-M15-45mm F3.5-6.3 IS STMに対応
   他・・・



ソフトの使い勝手や、RAW現像の新しい機能が
どのくらい使い物になるかはまだ未知数ですが、
写真のRAW現像は、ほとんど純正ソフトなので、
こういうアップデートは嬉しいですね^^
個人的には二画面対応になっていてほしいかな?

  キヤノンのDPPver4.0情報は  こちら  から

因みに対応レンズの増えたデジタルレンズオプティマイザ

  DPP DLO最新対象レンズ一覧は   こちら  から



「DPP4.0 使用レポート」 ~Ver 4.3.31 32bitOS対応追記
b0157849_14343301.jpg
Canon EOS 5DMarkⅢ+ EF100mm F2.8 L macro IS USM ハイドランジア№3

-----------------------------------------------------------------

各OSのDPP4.xのダウンロード先は↓↓こちらから

 RAW現像ソフトDPP4.xシリーズの各仕様は こちら から
 ( Windows 32bit OSに機能限定で対応 )

 DigitalPhotoProfessional 4.3.31 forWindows のダウンロードは こちら 

 DigitalPhotoProfessional 4.3.31 forMac OS X のダウンロードは こちら 

-----------------------------------------------------------------

製品マニュアル、取扱説明書は↓↓こちらから

 DigitalPhotoProfessional 4.3 (Windows) の取扱説明書は こちら 

 製品マニュアル一覧は こちら 

-----------------------------------------------------------------




more 「DPP4.0 使用レポート」 ~当ブログ別記事より転載~
[PR]
by meister_shaku | 2014-06-16 19:49 | カメラ、PC環境 | Comments(0)

紫陽花-20140615(ハイドランジア№2)

義妹から送られてきた紫陽花を使って

梅雨の中休みの晴れ間の中の

自宅マクロ撮影シリーズ

ハイドランジア№2
b0157849_13133374.jpg
Canon EOS 5DMarkⅢ+ EF100mm F2.8 L macro IS USM



紫陽花写真のブログ記事は  こちら  から




[PR]
by meister_shaku | 2014-06-15 13:25 | flower photo | Comments(0)

紫陽花-20140613(ハイドランジア)

梅雨の中休みの晴れ間の中、

義妹から送られてきた紫陽花をモデルに撮影してみました。

鉢植えの状態で贈られたアジサイの花

鬱陶しい季節の部屋の雰囲気を華やかにさせてくれました^^
b0157849_13394466.jpg
ハイドランジアは、紫陽花をヨーロッパで品種改良したものだそうです。



EF100mm F2.8 L macro IS USMによるマクロ写真は  こちら  から




[PR]
by meister_shaku | 2014-06-14 18:07 | flower photo | Comments(1)

第7回 富山県瓦技能競技大会 6月22日(日)開催

今年もやります!

富山の瓦職人さんの腕自慢大会


「平成26年 第7回 富山県瓦競技大会」

  期日:平成26年6月22日(

  時間:午前10時00分 受付 ~ 午後3時頃まで

  場所:(株)鶴弥北陸支店 研修倉庫
      小矢部市平田3102 TEL:0766-69-1268

~ 見学自由なので、見学されたい方、瓦の勉強をしたい方、是非どうぞ ~
b0157849_11030468.jpg
今年も勝手にポスター作ってみました。
なんだかそれっぽいでしょ^^



富山県瓦競技大会、全国技能グランプリ「かわらぶき」関連の写真は こちら  



[PR]
by meister_shaku | 2014-06-12 23:27 | 富山県瓦技能士会 | Comments(0)

第三回 越中瀬戸焼「かなくれ会」陶芸展(「やきものの風景」写真展)開催中

今週末まで、立山町陶農館で
「かなくれ会」陶芸展が行われています。

------------------------------------------------------------------
第三回 越中瀬戸焼「かなくれ会」陶芸展

  日時 平成26年5月31日(土)~6月8日(日)
      午前10時~午後4時まで
  場所 越中陶の里「陶農館」

  ~イベント情報~
  6月 7日(土)11:00~15:00 呈茶席 「円翠庵」にて
     8日(日)11:00~15:00 呈茶席 「円翠庵」にて

  全日同時開催 釈永聡「やきものの風景」写真展
------------------------------------------------------------------

「かなくれ会」陶芸展は、立山町、越中瀬戸焼の
庄楽窯の釈永由紀夫さん、四郎八窯の加藤聡明さん、
千寿窯の吉野香岳さん、枯芒ノ窯の北村風巳さん、庄楽窯の釈永陽さん
4窯5人の新作が並びます。皆様是非お越し下さい。


「 陶の里の朝 (すえのさとのあさ)」
 陶芸家 釋永由紀夫さんの窯「庄楽窯」の窯焚きの朝景。
b0157849_02054239.jpg
Canon EOS 5DMarkⅢ+ EF50mm f/1.4 USM

そして、今回も私の写真を飾らせてもらっています。
一流の芸術家の方々の中で、
瓦屋さんなのに地元で写真を撮っているというだけで、
趣味の写真を飾らせてもらうのはとても恐縮します。
が、
「お前も腕を磨け。」
と言われているような気がして、
毎回自分の持てるものを全部出して撮らせてもらっています。
かなくれ会の皆さんと、地元立山町新瀬戸地区を撮ったものを
中心に15点展示しています。

5人の陶芸家さんと、星景写真パネル(A1サイズ)7点も
私が撮影し設営したもので、常設展示されています。
休憩がてら、写真にも目を向けて頂けたらと思います。



過去の越中瀬戸焼のブログ記事は  こちら  




[PR]
by meister_shaku | 2014-06-06 23:50 | 越中瀬戸焼 | Comments(0)