人気ブログランキング |

立山連峰 山の名前と標高~Mt.Tateyama:Mt.Tsurugidake~

立山町吉峰から見た、雪の立山連峰(過去写真より)

最近登山を始めたので、改めて、自分の写真を見返してみました。

立山連峰 山の名前と標高~Mt.Tateyama:Mt.Tsurugidake~_b0157849_14464147.jpg

ここ3年で、表記してある山の剱岳、富士ノ折立、大汝山、雄山、浄土山、竜王岳、薬師岳に登山してきました。特に剱岳は早月尾根の日帰り2回を含めて5回登ってきました。

平地から眺めるだけの山だと思ってた立山連峰にまさか自分が登る事になるとは思ってもみませんでしたが、登山にハマってしまったみたいです。

ぶらり日帰りで剱岳、薬師岳登山ができてしまう、標高3000m級の山々に囲まれた富山県に生まれた事に感謝です。



ポスターの左から山の名前と標高を中心に簡単に説明してみます。

毛勝三山(けかちさんざん)
 毛勝山(けかちやま)2414m

 釜谷山(かまたんやま)2415m

 猫又山(ねこまたやま)2378m


鍋冠山(なべかんむりやま)900m
 毛勝三山の下に見える鍋をひっくり返したように見える山。
 この鍋冠山に三度雪が積もると、里にも雪が降りてくると言われています。


赤谷山(あかたんやま)2260m


大窓(おおまど)


池平山(いけのたいらやま)2561m


小窓(こまど) 
 三の窓と小窓の裏側(東面)に氷河があるとされています。


三ノ窓(さんのまど)


剱岳(つるぎだけ:Mt.Tsurugidake)2999m
 日本百名山の一つで、氷河の現存する山
 映画「点の記」の舞台になった山。
 早月尾根から左に見える谷を順に、
 三ノ窓、小窓、大窓 赤谷、とあり、
 三の窓と小窓の裏側(東面)に氷河があるとされています。
立山連峰 山の名前と標高~Mt.Tateyama:Mt.Tsurugidake~_b0157849_17585637.jpg


剣御前岳(つるぎごぜんだけ)2777m


別山(べっさん)2880m
 別山には南峰、北峰とあり剱岳を望むのにとても良い山。
 ※写真では大日岳に隠れ、見えていません。


真砂岳(まさごだけ)2861m 
 ※写真では大日岳に隠れ、見えていません。


大日岳(だいにちだけMt.Dainichidake)2501m
 大日岳に隠れて見えませんが、立山の横、大日岳の後ろに
 別山、真砂岳があります。
立山連峰 山の名前と標高~Mt.Tateyama:Mt.Tsurugidake~_b0157849_17593030.jpg

富士ノ折立(ふじのおりたてMt.Hujinooritate)2999m
   

大汝山(おおなんじやまMt.Oonanji)3015m
 立山連峰の最高峰
 映画「春を背負って」の舞台となった山。

雄山(おやまMt.Oyama)3003m
 日本百名山の一つ
 頂上には雄山神社(峰本社)(立山権現)があります。

※立山(たてやま:Mt.Tateyama)
 立山という名前の山は無く、富士の折立、大汝山、雄山三つの山が
 連なった状態で立山と呼ぶそうです。
 氷河の現存する山


浄土山(じょうどさんMt.Jyoudo)2831m


竜王岳(りゅうおうだけMt.Ryuoudake)2872m


鬼岳(おにだけMt.Onidake)2750m


獅子岳(ししだけMt.Shishidake)2872m


礼拝山(らいはいざん)899m
 女人禁制だった立山に、女性達が礼拝する為に登った山。
 布橋灌頂会(ぬのばしかんじょうえ)を終えた女性達が
 礼拝山に登り、この世側から立山(あの世)を拝んだとか。


鷲岳(わしだけ)2617m


鳶山(とんびやま)2616m 
 安政の大地震の一つ飛越地震の時に、鳶山が崩れ、谷を塞ぎ、
 その後決壊し、下流に大きな被害をもたらしたと言われています。
 この鳶山が崩れてしまうと、富山平野が2mの土砂で埋まってしまうとも
 いわれているようです。


越中沢岳(えっちゅうさわだけ)2591m


鍬崎山(くわさきやまMt.Kuwasaki)2090m
 戦国時代に、富山城城主、佐々成政が財宝を隠したという言い伝えがあります。
立山連峰 山の名前と標高~Mt.Tateyama:Mt.Tsurugidake~_b0157849_17594408.jpg
薬師岳(やくしだけMt.Yakushidake)2926m



間違い等あれば、ご指摘いただけると助かります<(_ _)>

------------------------------------

過去の立山連峰のブログ記事は こちら 

------------------------------------

# by meister_shaku | 2019-10-19 15:05 | 立山黒部アルペンルート写真

飛騨古川三寺まいり 2018 (hidahurukawaSANTERAMAIRI)

人と人を繋ぐ、出会いの

「飛騨古川三寺まいり(2019)」

今年もお邪魔してきたいと思います。


~ 昨年(2018年)の写真から~

飛騨古川三寺まいり 2018 (hidahurukawaSANTERAMAIRI)_b0157849_23072550.jpg


飛騨古川三寺まいり 2018 (hidahurukawaSANTERAMAIRI)_b0157849_23074998.jpg


飛騨古川三寺まいり 2018 (hidahurukawaSANTERAMAIRI)_b0157849_23080655.jpg

飛騨古川三寺まいりblog記事は こちらから 
CanonEOS 5DMark4+EF50mm f/1.2L USM




--------------------------------------------

ご無沙汰しております

blog更新も久しぶりすぎてUPの

仕方も忘れそうになっていました。

また、久しぶりに、ぼちぼちと

更新していきたいと思うので、

よろしくお願いしますm(__)m

--------------------------------------------
*ご訪問ありがとうございます*


# by meister_shaku | 2019-01-14 23:09 | 飛騨地方

京都御所、屋根の鬼瓦と紅葉

昨年初めて秋の京都へお邪魔してきました。

まずは、

京都御所、屋根の鬼瓦と紅葉から



京都御所は2016年から一般公開となり、

無料で参観できます。

経の巻鬼瓦(御所鬼瓦)
京都御所、屋根の鬼瓦と紅葉_b0157849_15000763.jpg


京都御所、屋根の鬼瓦と紅葉_b0157849_15003164.jpg

経の巻鬼瓦(御所鬼瓦)
京都御所、屋根の鬼瓦と紅葉_b0157849_15004184.jpg


京都御所、屋根の鬼瓦と紅葉_b0157849_15023094.jpg





経の巻鬼瓦(御所鬼瓦)
京都御所、屋根の鬼瓦と紅葉_b0157849_15005099.jpg


京都御所、屋根の鬼瓦と紅葉_b0157849_15021437.jpg

経の巻鬼瓦(御所鬼瓦)
京都御所、屋根の鬼瓦と紅葉_b0157849_15005623.jpg

いぶしの本葺き瓦に

複雑な化粧の棟飾りがのっていました。
京都御所、屋根の鬼瓦と紅葉_b0157849_15154566.jpg

京都御所、屋根の鬼瓦と紅葉_b0157849_15002419.jpg

経の巻鬼瓦(御所鬼瓦)
京都御所、屋根の鬼瓦と紅葉_b0157849_15011941.jpg

経の巻鬼瓦の事を富山では御所鬼と呼びます。

御所に載っている鬼瓦の姿を見て、

憧れや、尊敬の念からそう呼ぶように

なったのでしょうか?

経の巻の頭に載っている三本角は、

巻物をかたどったもので、

建物を災いから守る願いを込め、

載せられているそうです。


# by meister_shaku | 2018-03-25 15:14 | 甍の波、鬼瓦

越中八尾 おわら風の盆2017 諏訪町町流し編 写真撮影記02

越中八尾「おわら風の盆」諏訪町町流し2017



稚拙ですが、石畳の美しい諏訪町の

美しい町流しの舞、調べ

少しでも感じで頂けたらと思います。




まずは町流しの動画をどうぞ。








越中八尾 おわら風の盆2017

諏訪町の町流し
越中八尾 おわら風の盆2017 諏訪町町流し編 写真撮影記02_b0157849_19220715.jpg


石畳の街並みとおわらの舞い
越中八尾 おわら風の盆2017 諏訪町町流し編 写真撮影記02_b0157849_19221596.jpg



越中八尾 おわら風の盆2017 諏訪町町流し編 写真撮影記02_b0157849_19222598.jpg



越中八尾 おわら風の盆2017 諏訪町町流し編 写真撮影記02_b0157849_19223484.jpg



越中八尾 おわら風の盆2017 諏訪町町流し編 写真撮影記02_b0157849_19224449.jpg


月に照らされた石畳の

地方衆の町流し
越中八尾 おわら風の盆2017 諏訪町町流し編 写真撮影記02_b0157849_19225379.jpg



越中八尾 おわら風の盆2017 諏訪町町流し編 写真撮影記02_b0157849_19230016.jpg



越中八尾 おわら風の盆2017 諏訪町町流し編 写真撮影記02_b0157849_19230793.jpg



越中八尾 おわら風の盆2017 諏訪町町流し編 写真撮影記02_b0157849_19231670.jpg



越中八尾 おわら風の盆2017 諏訪町町流し編 写真撮影記02_b0157849_19232586.jpg



越中八尾 おわら風の盆2017 諏訪町町流し編 写真撮影記02_b0157849_19233152.jpg



越中八尾 おわら風の盆2017 諏訪町町流し編 写真撮影記02_b0157849_19243239.jpg




「越中八尾 おわら風の盆」のブログ記事は こちら 



※おわらでストロボ、フラッシュを使用されている方がいますが、
 踊り手、地方の方、おわらの雰囲気を守るため、
 全編ストロボ、フラッシュ無しで撮影しています。

使用機材
CanonEOS 5DMark3+EF16-35 f/2.8L Ⅱ USM
CanonEOS 7DMark2+EF85 f/1.8 USM


*ご訪問ありがとうございます*



# by meister_shaku | 2017-09-27 19:32 | おわら

越中八尾 おわら風の盆2017 諏訪町公民館前輪踊り 写真撮影記 01※動画追加

越中八尾「おわら風の盆」(2017年 9月1日~3日)



富山市八尾町の地域行事

「おわら風の盆」

にお邪魔させてもらって今年で7年

八尾で様々な人に出会い、

様々な写真を撮らせて頂いてきました。



まずは輪踊りの雰囲気を撮った動画がるので、そちらをどうぞ。






そして、今年も沢山の素敵な場面に出会わせて頂き、

ますますおわら風の盆が好きになってしまいました。




最終日、諏訪町公民館前での朝焼けの中での輪踊り。
越中八尾 おわら風の盆2017 諏訪町公民館前輪踊り 写真撮影記 01※動画追加_b0157849_16274568.jpg



最終日の朝、夜通し踊られ、夜が白々と明け初めてきた中、

最後の輪踊りとなった時、

観光客の方も交えて、

和やかなムードの中で輪踊りが始まりました。
越中八尾 おわら風の盆2017 諏訪町公民館前輪踊り 写真撮影記 01※動画追加_b0157849_16275490.jpg


最後の踊りが終わり、

三日間の踊りが終わった達成感と共に

自然と拍手が沸き起こります。





「越中八尾 おわら風の盆」のブログ記事は こちら 




※おわらでストロボ、フラッシュを使用されている方がいますが、
 踊り手、地方の方、おわらの雰囲気を守るため、
 全編ストロボ、フラッシュ無しで撮影しています。
使用機材
CanonEOS 5DMark3+EF16-35 f/2.8L Ⅱ USM



*ご訪問ありがとうございます*



# by meister_shaku | 2017-09-04 16:54 | おわら

いぶし瓦のある瀬戸内海の美しい景色02(愛媛県伊予市)

前回のブログで出せなかった

瀬戸内海といぶし瓦の景色を、

短冊型のトリミングで切り取ってみました。


いぶし瓦のある瀬戸内海の美しい景色02(愛媛県伊予市)_b0157849_14552784.jpg


いぶし瓦のある瀬戸内海の美しい景色02(愛媛県伊予市)_b0157849_14553702.jpg


いぶし瓦のある瀬戸内海の美しい景色02(愛媛県伊予市)_b0157849_14554555.jpg


いぶし瓦のある瀬戸内海の美しい景色02(愛媛県伊予市)_b0157849_14555223.jpg
瓦や屋根は地方によって造りが異なり、

瓦職人さんの、住んでいる方への思いや、

住宅への様々な願いが込められて造られ、

焼かれれています。


時々、ご自宅の屋根やご近所、

お寺さんや神社、お城の屋根等、

観光地の屋根の上の瓦、鬼瓦にも注目して

見てみて下さい。

素敵な発見があるかもしれません(’-’*)♪





*ご訪問ありがとうございます*



使用機材
CanonEOS 5DMark3+EF16-35 f/2.8L Ⅱ USM
CanonEOS 7DMark2+EF70-200 f/2.8L IS Ⅱ USM

# by meister_shaku | 2017-08-24 15:54 | 甍の波、鬼瓦

いぶし瓦のある瀬戸内海の美しい景色(愛媛県伊予市)

瓦のある日本の景色を探して

四国の愛媛県にお邪魔してきました。


こちらの地区では、

瀬戸内海が望める素敵な場所に

神社が建てられていて、

瓦屋根の日本住宅の街並みの甍の波の間から

瀬戸内海の美しく青い波が見えていました。
いぶし瓦のある瀬戸内海の美しい景色(愛媛県伊予市)_b0157849_17421778.jpg


一般住宅の一般的な瓦屋根ですが、

瀬戸内海の島々を眺められる

素敵な場所に建てられています。


重厚感のある瓦屋根の多い地区の中で

屋根をスッキリと見せるために

鬼瓦に、いぶし瓦の海津鬼が使われ、

富山と違い、雪止め瓦が無い事も有り

白く輝くいぶし瓦の屋根のスッキリした

軽やかな美しさが際立つ

瓦屋根になっていました。
いぶし瓦のある瀬戸内海の美しい景色(愛媛県伊予市)_b0157849_17430187.jpg


お寺さんの大きな屋根越しにも

瀬戸内海の島々が望めます。


鬼瓦はいぶし瓦の京の巻(御所鬼瓦)

が使われ、立派な造りをしている鬼瓦が

載せられ、お寺の屋根を守っていました。
いぶし瓦のある瀬戸内海の美しい景色(愛媛県伊予市)_b0157849_17432357.jpg


住宅街からは海を見下ろす事ができ、

鳥も瀬戸内海の波の中を

飛んでいるように見えていました。
いぶし瓦のある瀬戸内海の美しい景色(愛媛県伊予市)_b0157849_17465841.jpg


愛媛県伊予市のこの街並みからは

瀬戸内海の島々が望めます。


愛媛県でよく使われている瓦は

瓦の肌がきめ細かく白っぽく女性的で、

寒冷地に対応し、黒くっぽく強度感のある

愛知県の三州瓦のいぶし瓦とは違い、

瀬戸内海の気候や風土、景色に合った

造りになっています。
いぶし瓦のある瀬戸内海の美しい景色(愛媛県伊予市)_b0157849_17440745.jpg


こちらは一般住宅の屋根ですが、

菊間瓦の鬼に、シャチ瓦が載り、

瀬戸内の島々を望めるこの場所で、

住宅を守っていました。


鬼瓦は魔除けですが、

この鬼自体に雲や波の模様が彫り込まれ、

風や水の災害から住宅を守る思いが込められ

シャチ瓦は火事から住宅を守っています。
いぶし瓦のある瀬戸内海の美しい景色(愛媛県伊予市)_b0157849_17442513.jpg


ピンク色の芙蓉の花越しに

瀬戸内海の海が見える

素敵な場所に咲いていました。
いぶし瓦のある瀬戸内海の美しい景色(愛媛県伊予市)_b0157849_17471437.jpg


こちらのいぶし瓦は、

長年の雨風に曝され、色が変色し、

とても味わい深い色あいになっていました。


よく見ると、

最近あまり使われなくなった

シノギ桟という桟山の尖った桟瓦(平瓦)

が使われています。


桟山の尖ったシノギ桟瓦は、

富山では見る事のほとんどない意匠の瓦。

四国の施主さんの遊び心や、

瓦職人さん想いの感じられました。

とてもカッコ良く、見ごたえのある瓦です。
いぶし瓦のある瀬戸内海の美しい景色(愛媛県伊予市)_b0157849_17461675.jpg



こちらでは、

鬼の顔をした、鬼面鬼瓦が睨みを利かせ、

様々な災いから住宅を守っていました。
いぶし瓦のある瀬戸内海の美しい景色(愛媛県伊予市)_b0157849_18511950.jpg



こちらの鬼瓦には鳥休みが載り、

鳥達がこちらのお宅に福を持って来てくれるのを

待っているようでした(’-’*)♪
いぶし瓦のある瀬戸内海の美しい景色(愛媛県伊予市)_b0157849_17444383.jpg


このツバメ達は、こんな素敵な

瀬戸内海の景色を毎日眺めてるんですね。

空からも眺めてみたい景色に、

ツバメ達に嫉妬してしまいました。
いぶし瓦のある瀬戸内海の美しい景色(愛媛県伊予市)_b0157849_17480056.jpg


芙蓉の花と、寄せ棟屋根に乗った

愛媛のいぶし瓦の住宅
いぶし瓦のある瀬戸内海の美しい景色(愛媛県伊予市)_b0157849_17463927.jpg


いぶし瓦の京の巻(御所鬼瓦)の載った

立派な蓑甲屋根(みのこやね)。


京の巻という鬼瓦の上には、

お経の書かれた三つの巻物が載り、

家内安全や住宅を様々な災いから守る

様々な願いが込められています。

こちらの足にも、雲や波の文様が刻み込まれ、

風や水害等の被害、災害から

住宅を守る願いも込められています。
いぶし瓦のある瀬戸内海の美しい景色(愛媛県伊予市)_b0157849_19032191.jpg


このように、屋根や瓦は気象条件や

地域によって造りが異なり、

瓦職人さんの、住んでいる方への思いや、

住宅への様々な願いが込められて造られ、

焼かれれています。


時々、ご自宅の屋根やご近所、

お寺さんや神社、お城の屋根等、

観光地の屋根の上の瓦、鬼瓦にも注目して

見てみて下さい。

素敵な発見があるかもしれません(’-’*)♪




*ご訪問ありがとうございます*



使用機材
CanonEOS 5DMark3+EF16-35 f/2.8L Ⅱ USM
CanonEOS 7DMark2+EF70-200 f/2.8L IS Ⅱ USM

# by meister_shaku | 2017-08-23 19:28 | 甍の波、鬼瓦