人気ブログランキング |

常滑「やきもの散歩道」散策 ~鬼瓦、屋根編~

歴史ある街並に、味のある瓦屋根
 常滑「やきもの散歩道」散策 ~鬼瓦、屋根編~

今の瓦の大半が、オートメーション化されたトンネル窯で、
ねじれ、色むらの少ない精度の高い美しい瓦を作りますが、

写真のいぶし瓦の不揃いな形、色ムラは、
今から数十年前まで使われていたであろう、登り窯を使い、
一枚一枚手作りで瓦を作っていた時代の名残り。
何十年、何百年も耐久性のあり、
リユース(再使用)のできる瓦の勲章
常滑の町の焼き物の歴史の深さを感じさせてくれます。
b0157849_10585238.jpg
Canon EOS 5DmarkⅢ + EF50mm F1.4 USM


犬の散歩をされてる地元の方がいらっしゃったので、
声をかけて、一枚頂きました^^
b0157849_17225197.jpg
Canon EOS 7D + EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM


右上の屋根の「棟」と呼ばれる部分のてっぺん。
一般的には丸瓦が使用されるのですが、ここは土管の街。
丸瓦の替りに、土管を半分に加工したたような焼き物が載っていました。
一般の方に分かり辛い話ですみません・・・
b0157849_2214145.jpg
Canon EOS 7D + EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM


煙突と瓦屋根。たまりません。
b0157849_17122962.jpg
Canon EOS 5DmarkⅢ + EF50mm F1.4 USM


いぶし瓦と、黒い板壁、焼き物の素敵な散歩道。
b0157849_17125146.jpg
Canon EOS 5DmarkⅢ + EF50mm F1.4 USM


一度も屋根に登る事なく、この場所に置かれてしまったのでしょうか?
超芸術トマソンのように、本来の役割を成していないこの鬼瓦の
家を火事から守る「水」の文字が寂しく映ります。 →  ※ 超芸術トマソンとは  
b0157849_1726221.jpg
Canon EOS 5DmarkⅢ + EF50mm F1.4 USM


高台から見下ろすように煙突と、瓦屋根見えます。
b0157849_17124381.jpg
Canon EOS 5DmarkⅢ + EF70-300 F4.5-5.6 DO IS USM


緑のツタに覆われた、台付の影盛鬼瓦。
瓦の雰囲気からすると、比較的新しい鬼瓦だと思われます。
b0157849_12153949.jpg
Canon EOS 5DmarkⅢ + EF70-300 F4.5-5.6 DO IS USM


常滑は坂の街という事もあって、色々な目線から
屋根を見る事ができます。
お好きな方は一度立ち寄ってみて下さい^^
b0157849_17242259.jpg
刻み袖瓦と、角瓦
Canon EOS 5DmarkⅢ + EF70-300 F4.5-5.6 DO IS USM

 ◎ 過去の 瓦、屋根写真はこちらから^^ ◎ 

 ◎ 過去の 鬼瓦写真はこちらから^^ ◎ 

------------------------------------------------------------------------
~ 善意の1クリックで募金ができます。東日本大震災復興支援クリック募金 ~
イーココロ!クリック募金 クリックで救える命がある。 JWordクリック募金
------------------------------------------------------------------------
by meister_shaku | 2012-08-24 19:36 | 写真
<< 上市町花火大会 ~自宅瓦屋根よ... 常滑「やきもの散歩道」散策 ~猫編~ >>