立山連峰山荘めぐり&立山縦走2011 16 剣沢小屋から別山へ(富山県山岳警備隊出動中)

さて、ようやく二日目の7/18。
今日は、別山、内蔵助山荘、雄山、一の越を超え、室堂、天狗平へ、

人気ブログランキングへ、立山連峰山荘めぐり&立山縦走2011 16 剣沢小屋から別山へ

美味しい朝ごはんも終わり、入念に準備運動をして、別山山頂へ向けて出発です。
 (剱澤小屋の食事はとても美味しいですよ^^)
後ろを振り返ると、朝日に照らされる剱岳と、剱澤小屋を守る、雪崩除けの石垣が見えます。
Canon EOS 7D + EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM
b0157849_23141091.jpg


登山をしていると、剣沢に叫び声が響き、なんだか様子が変。
別山の山頂付近から助けを求める声が聞こえ、下からは富山県山岳警備隊の方々が、
横に並んで救助に向かわれている所でした。
山の中腹から声がすれど、姿は全く分からず、お互い声を掛け合って、ようやく居場所をつきとめていました。
Canon EOS 7D + EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM
b0157849_23143386.jpg


左側の雪渓の向こう側では、別山山頂直下で動けなくなった、要救助者の方を助けるため、
富山県山岳警備隊の方々による、救出作業が行われています。
でも、我々は自分の事で必至。
スタートしたからには、自分の歩ききらないと、室堂へはたどり着きません。
Canon EOS 7D + EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM
b0157849_231447100.jpg


そんな合間にも、小さな高山植物(ハクサンイチゲ?)が、
私達の事を癒してくれます^^
右奥の山の中腹には、前日に私達が通った登山道見えます^^;
Canon EOS 7D + EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM
b0157849_23145831.jpg


だんだんと別山山頂へ近づいていくにつれ、斜面が急になってきます。
この恐怖感をどうやって伝えれるのかと、試行錯誤してみました。
つ、伝わりますかね??
Canon EOS 7D + EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM
b0157849_23151258.jpg


星空撮影の時には触れていませんでしたが、星空を撮影最中に、
顔面から血を流して動けなくなった方を、富山県山岳警備隊の方が、
おぶって運び出すという場面に遭遇しました。

その方は全く動けず、点滴(?)をしながらの搬送のようで、
ヘリの飛べない夜で、いくら緊急を要するとはいえ、
おんぶをして山道を運んでいくその隊員の姿は、とても頼もしいく映りました。
「立山連峰山荘めぐり&立山縦走2011 12 剱御前コンポジット星空撮影(剱澤小屋より)」
で、二枚目の写真のブログロゴの横にある光は、山岳警備隊の方々が、
要救助者の方を運んでいく時のライトが写り込んだものです。

山での事故、遭難は避けられないものもありますが、
現地の情報集め、体力づくり、装備、経験者への相談等、
無理のない計画を立て、下準備をしっかりして
山岳警備隊の方々に迷惑をかけないように登ってください。
◎ 過去の 立山連峰、立山逆縦走の写真はこちらから^^ ◎


人気ブログランキングへブログランキング参加中。ポチッとひとつお願いします<(_ _)>

-----------------------------------------------------------------------------------
~ 一日一回、クリック募金。 東日本大震災復興支援クリック募金、他、各クリック募金ポータルサイト~

イーココロ!クリック募金 クリックで救える命がある。 東北関東大震災 緊急支援クリック募金
JWordクリック募金

------------------------------------------------------------------------------------
[PR]
by meister_shaku | 2011-08-02 07:49 | 立山黒部アルペンルート写真 | Comments(10)
Commented by hitatinotono at 2011-08-02 17:44
いやが上にも・・・怖ッ!!
ヤカンさん、ご無事で何よりでしたね(^^。
Commented by Yoshi_Ken at 2011-08-02 21:33 x
リアルな生情報ありがとうございます。
常に危険と隣り合わせなエリアだということを肝に銘じておきます。
Commented by meister_shaku at 2011-08-02 22:18
>殿。
 怖がりだから、かなり恐る恐る登ってました(汗
 そして、この怖さを何としてでも写真で伝えたい。怖がらせたい。と思いながら
 悩みながらの登山でもありましたww
Commented by meister_shaku at 2011-08-02 22:37
>Yoshi_Kenさん
 雄山へ登られるのであれば、しっかりとした、体力づくりをして下さいね。
 装備が増えると、当たり前ですが、荷物の重量も増えます。
 もうジョギング等されてるとは思いますが、まずは自分の体力を知る所から始めてみて下さい。
Commented by Studio M&K at 2011-08-03 00:15 x
こんばんは、Studio M&Kです。
事故は場所にかかわらず怖いものですね。
少し自慢ならないのを書かせていただくと私肺活量が7000近くありましたが、
長距離等持久力系はいっさいだめなんで10年前くらい登った雄山もヘロヘロでした、持久力系ができる方は尊敬です。

もう山降りてますよね?写真もいいですがまた来年撮れますよ!

お仲間共々無事に帰っておられることを祈っております。
Commented by michi-2009 at 2011-08-03 20:37
まさに、「岳」って感じが伝わってきます
最近のアウトドアブームで気軽に登山される方が増えて山での事故も多いと聞きます
私は登山経験はゼロですが、山にしかない魅力をやかんさんの所で拝見して楽しんでおります
険しい山になぜ、皆様アタックするのでしょうか
それも又、山に引き寄せられる魅力なんでしょうかね^^
御無事で帰ってこられてホントに良かったです
命がけで救助をされる山岳警備隊の方々にも家族がいらっしゃるはず…
ホントに、下調べ、体力、装備など念には念を入れ挑んでいただきたいですね
私は、丘サーファーならぬ、丘・山ガールでいいかな★
尖山辺りから初めてみます・笑
Commented by nikon1001 at 2011-08-04 09:38
下から2番目の写真がとても気に入ってます!!!
Commented by meister_shaku at 2011-08-04 19:57
>Studio M&Kさん
 この縦走写真は、長々と続けていますが、
 二日間の撮影だったりします。
 普段見慣れない新鮮な光景に。きょろきょろしながらの登山でした^^

 ら、来年は登るのかな?
 毎回「これが最後」という思いで撮影に臨んでます^^
Commented by meister_shaku at 2011-08-05 09:50
>michi-2009さん
 富山県山岳警備隊さん達の活動を目の当たりにして、
 ニュースにならない事故、トラブルの多さを実感しました。
 顔面(骨折?)から血を流しておられた方は、
 剱岳で落石にあわれたんゃないかと話しておられましたが(想像です)、
 ヘルメットをして登られても、それでも守りきれないという
 剱岳の敷居の高さを改めて思いました。
 
 michiさん、尖山へ登れるのなら、雄山へは登れますよ^^
Commented by meister_shaku at 2011-08-05 10:25
>nikon1001さん
 今回の高山植物撮影、風景も入れるように心がけて見ました。
 そう言って頂けてうれしいです^^
<< 立山連峰山荘めぐり&立山縦走2... 立山連峰山荘めぐり&立山縦走2... >>