タグ:瓦、屋根 ( 119 ) タグの人気記事

越中八尾 おわら風の盆2017 写真撮影記 01 諏訪町公民館前輪踊り ※動画追加

越中八尾「おわら風の盆」(2017年 9月1日~3日)



富山市八尾町の地域行事

「おわら風の盆」

にお邪魔させてもらって今年で7年

八尾で様々な人に出会い、

様々な写真を撮らせて頂いてきました。



まずは輪踊りの雰囲気を撮った動画がるので、そちらをどうぞ。






そして、今年も沢山の素敵な場面に出会わせて頂き、

ますますおわら風の盆が好きになってしまいました。




最終日、諏訪町公民館前での朝焼けの中での輪踊り。
b0157849_16274568.jpg



最終日の朝、夜通し踊られ、夜が白々と明け初めてきた中、

最後の輪踊りとなった時、

観光客の方も交えて、

和やかなムードの中で輪踊りが始まりました。
b0157849_16275490.jpg


最後の踊りが終わり、

三日間の踊りが終わった達成感と共に

自然と拍手が沸き起こります。





「越中八尾 おわら風の盆」のブログ記事は こちら 




※おわらでストロボ、フラッシュを使用されている方がいますが、
 踊り手、地方の方、おわらの雰囲気を守るため、
 全編ストロボ、フラッシュ無しで撮影しています。
使用機材
CanonEOS 5DMark3+EF16-35 f/2.8L Ⅱ USM



*ご訪問ありがとうございます*



[PR]
by meister_shaku | 2017-09-04 16:54 | おわら | Comments(2)

いぶし瓦のある瀬戸内海の美しい景色02(愛媛県伊予市)

前回のブログで出せなかった

瀬戸内海といぶし瓦の景色を、

短冊型のトリミングで切り取ってみました。


b0157849_14552784.jpg


b0157849_14553702.jpg


b0157849_14554555.jpg


b0157849_14555223.jpg
瓦や屋根は地方によって造りが異なり、

瓦職人さんの、住んでいる方への思いや、

住宅への様々な願いが込められて造られ、

焼かれれています。


時々、ご自宅の屋根やご近所、

お寺さんや神社、お城の屋根等、

観光地の屋根の上の瓦、鬼瓦にも注目して

見てみて下さい。

素敵な発見があるかもしれません(’-’*)♪





*ご訪問ありがとうございます*



使用機材
CanonEOS 5DMark3+EF16-35 f/2.8L Ⅱ USM
CanonEOS 7DMark2+EF70-200 f/2.8L IS Ⅱ USM

[PR]
by meister_shaku | 2017-08-24 15:54 | 甍の波、鬼瓦 | Comments(0)

いぶし瓦のある瀬戸内海の美しい景色(愛媛県伊予市) sanpo

瓦のある日本の景色を探して

四国の愛媛県にお邪魔してきました。


こちらの地区では、

瀬戸内海が望める素敵な場所に

神社が建てられていて、

瓦屋根の日本住宅の街並みの甍の波の間から

瀬戸内海の美しく青い波が見えていました。
b0157849_17421778.jpg


一般住宅の一般的な瓦屋根ですが、

瀬戸内海の島々を眺められる

素敵な場所に建てられています。


重厚感のある瓦屋根の多い地区の中で

屋根をスッキリと見せるために

鬼瓦に、いぶし瓦の海津鬼が使われ、

富山と違い、雪止め瓦が無い事も有り

白く輝くいぶし瓦の屋根のスッキリした

軽やかな美しさが際立つ

瓦屋根になっていました。
b0157849_17430187.jpg


お寺さんの大きな屋根越しにも

瀬戸内海の島々が望めます。


鬼瓦はいぶし瓦の京の巻(御所鬼瓦)

が使われ、立派な造りをしている鬼瓦が

載せられ、お寺の屋根を守っていました。
b0157849_17432357.jpg


住宅街からは海を見下ろす事ができ、

鳥も瀬戸内海の波の中を

飛んでいるように見えていました。
b0157849_17465841.jpg


愛媛県伊予市のこの街並みからは

瀬戸内海の島々が望めます。


愛媛県でよく使われている瓦は

瓦の肌がきめ細かく白っぽく女性的で、

寒冷地に対応し、黒くっぽく強度感のある

愛知県の三州瓦のいぶし瓦とは違い、

瀬戸内海の気候や風土、景色に合った

造りになっています。
b0157849_17440745.jpg


こちらは一般住宅の屋根ですが、

菊間瓦の鬼に、シャチ瓦が載り、

瀬戸内の島々を望めるこの場所で、

住宅を守っていました。


鬼瓦は魔除けですが、

この鬼自体に雲や波の模様が彫り込まれ、

風や水の災害から住宅を守る思いが込められ

シャチ瓦は火事から住宅を守っています。
b0157849_17442513.jpg


ピンク色の芙蓉の花越しに

瀬戸内海の海が見える

素敵な場所に咲いていました。
b0157849_17471437.jpg


こちらのいぶし瓦は、

長年の雨風に曝され、色が変色し、

とても味わい深い色あいになっていました。


よく見ると、

最近あまり使われなくなった

シノギ桟という桟山の尖った桟瓦(平瓦)

が使われています。


桟山の尖ったシノギ桟瓦は、

富山では見る事のほとんどない意匠の瓦。

四国の施主さんの遊び心や、

瓦職人さん想いの感じられました。

とてもカッコ良く、見ごたえのある瓦です。
b0157849_17461675.jpg



こちらでは、

鬼の顔をした、鬼面鬼瓦が睨みを利かせ、

様々な災いから住宅を守っていました。
b0157849_18511950.jpg



こちらの鬼瓦には鳥休みが載り、

鳥達がこちらのお宅に福を持って来てくれるのを

待っているようでした(’-’*)♪
b0157849_17444383.jpg


このツバメ達は、こんな素敵な

瀬戸内海の景色を毎日眺めてるんですね。

空からも眺めてみたい景色に、

ツバメ達に嫉妬してしまいました。
b0157849_17480056.jpg


芙蓉の花と、寄せ棟屋根に乗った

愛媛のいぶし瓦の住宅
b0157849_17463927.jpg


いぶし瓦の京の巻(御所鬼瓦)の載った

立派な蓑甲屋根(みのこやね)。


京の巻という鬼瓦の上には、

お経の書かれた三つの巻物が載り、

家内安全や住宅を様々な災いから守る

様々な願いが込められています。

こちらの足にも、雲や波の文様が刻み込まれ、

風や水害等の被害、災害から

住宅を守る願いも込められています。
b0157849_19032191.jpg


このように、屋根や瓦は気象条件や

地域によって造りが異なり、

瓦職人さんの、住んでいる方への思いや、

住宅への様々な願いが込められて造られ、

焼かれれています。


時々、ご自宅の屋根やご近所、

お寺さんや神社、お城の屋根等、

観光地の屋根の上の瓦、鬼瓦にも注目して

見てみて下さい。

素敵な発見があるかもしれません(’-’*)♪




*ご訪問ありがとうございます*



使用機材
CanonEOS 5DMark3+EF16-35 f/2.8L Ⅱ USM
CanonEOS 7DMark2+EF70-200 f/2.8L IS Ⅱ USM

[PR]
by meister_shaku | 2017-08-23 19:28 | 甍の波、鬼瓦 | Comments(0)

日暈と、砺波の黒瓦屋根住宅越しの月暈 [movie]

立山町の事務所から望む、

夕暮れの日暈。

夕暮れ時は幻日が現れる事が多いので、

暈が見えるのは珍しいのかな?

b0157849_15242591.jpg

夕方に日暈が見えてたので、

月暈も期待していましたが、

深夜に、月の周りに虹(暈)が現れ

砺波の黒瓦屋根住宅越しの月暈に見とれていました。
b0157849_15243414.jpg


こちらは、砺波の街並みの

隙間から見えた月暈
b0157849_15244196.jpg


あまりに長時間月暈が出現していたので、

タイムラプス動画にしてみました。

使用機材
CanonEOS 5DMark3+EF16-35 f/2.8L Ⅱ USM


[PR]
by meister_shaku | 2017-08-03 15:39 | halo | Comments(0)

寺大鬼 朝景、夜景(御所鬼、黒瓦)

自分で施工したお寺さんの大鬼。

写真では伝わりにくいですが、

とても大きな鬼瓦で、人の背丈ほどあります。



夕方、月と星と絡めた寺、鬼瓦。
b0157849_17115484.jpg
朝の寺、鬼瓦
b0157849_17120297.jpg
寺鬼瓦(三本角の鬼瓦を御所鬼、京の巻と言います)
三枚箕甲




*ご訪問ありがとうございます*

CanonEOS 5DMark3+EF16-35 f/2.8L Ⅱ USM

[PR]
by meister_shaku | 2016-11-06 17:17 | 甍の波、鬼瓦 | Comments(0)

岩瀬 内川 おさんぽ撮影 鬼瓦 屋根編

富山市岩瀬と、新湊内川でおさんぽ撮影。

私は鬼瓦や、屋根ばかり狙っていました。




岩瀬 寺の黒瓦の鬼瓦と烏
b0157849_14583861.jpg



岩瀬 雨と寺の黒瓦屋根の鬼瓦
b0157849_14554182.jpg



岩瀬 寺の黒瓦の隅鬼瓦
b0157849_14561004.jpg



「満寿泉」の桝田酒造店の屋根には

赤い大黒様の鬼瓦がお店をにこやかに

守っておられました。
b0157849_15163192.jpg



岩瀬の街並みにある赤い鬼瓦
b0157849_14563212.jpg



岩瀬の街並みにある赤い鬼瓦
b0157849_14564028.jpg



岩瀬の街並みにある赤い鬼瓦
b0157849_14565165.jpg



岩瀬の街並みにある赤い鬼瓦
b0157849_14570405.jpg



岩瀬の街並みにある瓦屋根の

妻部の袖瓦

すっきりとしたデザインの袖部です。
b0157849_14571036.jpg



岩瀬の街並みにある瓦屋根の

妻部の赤い車袖瓦。こちらは

重厚感のあるデザインの袖部となり

建物全体も力強く仕上がります。
b0157849_14574025.jpg



岩瀬 瓦屋根の鬼瓦

年代の経った赤い鬼瓦に、

黒い瓦で補修されてたのがちょっと残念でした。

富山の瓦は「黒」という固定概念があったのでしょうが、

古い瓦は赤系が多いので、

元の色に合わせて修理してもらえたらと思います。
b0157849_14575735.jpg



岩瀬 鬼瓦

鳥休みと呼ばれる瓦の乗る部分に、

鳩の瓦の置物がを見ていました。
b0157849_15270906.jpg




岩瀬 寺の鬼瓦
b0157849_14580859.jpg



岩瀬 寺の鬼瓦
b0157849_14553339.jpg



新湊内川 恵比寿様鬼瓦
b0157849_15220286.jpg



新湊内川 大黒様鬼瓦
b0157849_15221455.jpg



*ご訪問ありがとうございます*
CanonEOS 7DMark2+EF70-200 f/2.8L IS Ⅱ USM
CanonEOS 5DMark2+EF50 f/1.2L USM
CanonEOS 5DMark3+EF16-35 f/2.8L Ⅱ USM

[PR]
by meister_shaku | 2016-04-05 21:29 | 甍の波、鬼瓦 | Comments(2)

瓦屋根と日暈(にちうん・ひがさ)

事務所瓦屋根と日暈(にちうん、ひがさ)

最近あまり撮ってなかったけど、

久しぶりに日暈を見かけたので、

瓦屋根と絡めて撮ってみました(^^♪

b0157849_12340153.jpg
新瀬戸地区の事務所にて helo
暈=helo、ハロ、ハロー


富山県は雨が多い県な為、天気の崩れる前、

雨の降る前の気象の変わり目には、

一年を通じてこういう現象をよく見かけます。




---------------------------------------------------


甍の波blogの現像的な日暈、月暈写真記事は こちらから 


---------------------------------------------------



*ご訪問ありがとうございます*

CanonEOS 5DMark3+EF16-35 f/2.8L Ⅱ USM

[PR]
by meister_shaku | 2016-03-29 12:43 | halo | Comments(0)

徳光典子さんといくフォトツアー <映画「人生の約束」のロケ地・内川瓦編>

映画「人生の約束」のロケ地として話題の

新湊・内川周辺(射水市)で

「フォトグラファー徳光典子さんとフォトツアー」

に参加してきました。


内川の説明を明石あおいさんにもしていただき

二年前に瓦の話をさせて頂いた事があって縁のある

uchikawa六角堂でランチをして、

写真の好評会も行われての撮影会。



この日の県内は雪が降ったりもしていましたが、

ここ内川は穏やかなお天気となりました。
b0157849_19451480.jpg



私一人、瓦屋根ばかりを狙います。
b0157849_19452817.jpg



この日は青がとても際立つ空でした。
b0157849_19453400.jpg



内川には神社やお寺さんがあちこちにあり、

屋根好き、瓦好きの私、

町中を歩いていても飽きません(^^♪
b0157849_19454101.jpg



残念な事に、屋根の崩れたままの住宅が

あちこちにあるのが目につきました。
b0157849_19455643.jpg



内川は映画「人生の約束」のロケ地ですが、

屋根ばかり撮っていました。
b0157849_19460994.jpg



もうすぐ春。

梅の花が咲き始め、印象的に街を彩っています。
b0157849_19461503.jpg



放生津八幡宮近くにある一般の住宅の屋根で

内川六角堂に乗っている亀形の鬼瓦と同じ

鬼瓦職人さん作と思われる鬼瓦を発見。


カメは長寿、防火の意味があり、

鬼瓦職人さん瓦屋さん大工さん施主様の

思いがこのお宅に込められていました。
b0157849_19462254.jpg



此方は内川六角堂に載っている鬼瓦

長年の雨風や雪で痛み、

かけた部分が見られますが、

まだ現役で、内川六角堂を守っていました。
b0157849_19463107.jpg



放生津八幡宮にある、手水舎の黒の鬼瓦

エブリ台にはツルと、松の木が

かたどられた瓦が載っています。
b0157849_19463714.jpg



放生津八幡宮の大鬼瓦

これだけの大きな鬼瓦は、一つの鬼瓦でなく、

数十個のパーツに分かれ、パズルのように

組み立てられできています。
b0157849_19464238.jpg



放生津八幡宮の大屋根

黒の釉薬の本葺き瓦が特徴的です。
b0157849_19464905.jpg



放生津八幡宮にある、蔵の鬼瓦

瓦は黒いのですが、鬼瓦だけ赤の鬼瓦。

過去に当ブログのコメントで教えて頂きましたが、

防火の意味が込められているとか。
b0157849_19465941.jpg



鬼瓦の下にある懸魚(げげょ)にある

神紋は、菊花と桐門の合わせ紋。

神紋を見て思わず手を合わせてしまいます。
b0157849_19472740.jpg



新湊内川の2月の海

朝には雪がちらついていた日でしたが、

昼間はとても穏やかで、春の訪れを感じました。
b0157849_19473498.jpg


新湊内川は、昔ながらの日本家屋の魅力的

な街。

屋根、瓦好きの私にとって、見所満載な街で

何度訪れても新しい発見のある街でした(’-’*)♪
b0157849_19473926.jpg



b0157849_20320673.jpg



uchikawa六角堂は、過去に

オーナーさんの計らいで、瓦のお話を

させて頂いた事があり縁のあるカフェ。

この時の記事もいずれブログにできたらと思います
b0157849_19475279.jpg



*ご訪問ありがとうございます*
CanonEOS 5DMark3+EF16-35 f/2.8L Ⅱ USM
CanonEOS 5DMark2+EF50mm f/1.2L USM
CanonEOS 7DMark2+ EF70-200 f/2.8L IS2 USM

[PR]
by meister_shaku | 2016-03-15 20:01 | 甍の波、鬼瓦 | Comments(0)

飛騨古川 写真撮影記 ~雨の門瓦 紅葉編~

友人に誘われ、雨の飛騨古川で写真撮影。

「飛騨古川 料亭旅館 八ツ三館」の門瓦と紅葉

b0157849_11560983.jpg
瀬戸川沿いの大銀杏は散ってしまっていて、

残った紅葉の葉が雨に濡れ、

古川の街を寂しげに彩っていました。




鬼瓦、瓦屋根を撮影した写真は こちら 






[PR]
by meister_shaku | 2015-11-24 12:04 | 甍の波、鬼瓦 | Comments(0)

おおかみこどもの花の家へ ~花の家の瓦~

富山県出身の「細田守」監督の作られた

アニメ映画「おおかみこどもの雨の雪」

の舞台となった「おおかみこどもの花の家」へ、

写真仲間達とお邪魔してきました。


b0157849_14435591.jpg



「おおかみこどもの雨と雪」の花の家に到着すると

まず、映画にも登場したこのシーンに出会います。

数十年(百?)の風雪に耐え、

落ち着いた佇まいの古民家。風格があります。
b0157849_14442152.jpg



私はやはり、瓦が気になって仕方がありません。
b0157849_14442903.jpg



富山の黒の49版瓦に、雪止め瓦(駒形コブ止め瓦)

が均等に配置された意匠は、富山ならではです。
b0157849_14443698.jpg



空ばかり見上げていると、

木々の間から、太陽の周りの虹

「日暈」がまだ見えていました。
b0157849_14444423.jpg



大屋根の軒瓦は格式の高い剣高の唐草万十瓦。

軒の垂れの厚みが厚いのが特徴です。
b0157849_14445119.jpg


b0157849_14450595.jpg



森に囲まれた「おおかみこどもの雨と雪」の古民家、

持ち主のおじいちゃんおばあちゃんもおられ、

瓦の事を含め、色々なお話を伺う事が出来ました。

そして、

行った人だけが分かる温かいもてなしも受け、

おじいちゃんおばあちゃんファンにもなりました。

ぜひ、またお話を伺いにお邪魔したいです(^^♪
b0157849_14451240.jpg
Canon EOS 7D Mark2+ EF100mm F2.8LmacroIS USM
Canon EOS 5DMarkⅢ+ EF16-35 f/2.8L Ⅱ USM



「おおかみこどもの花の家」

四季を通じてお邪魔したい所です。




[PR]
by meister_shaku | 2015-08-08 14:24 | おおかみこどもの雨の雪 | Comments(0)