カテゴリ:立山黒部アルペンルート写真( 89 )

あけましておめでとうございます

新年あけましておめでとうございます。

色々とご迷惑をおかけすると思いますが

今年も写真を撮って行きたいと思うので、

温かい目で見守ってやって下さい。

ヨロシクお願いします(’-’*)♪
b0157849_18130644.jpg
1月1日の立山連峰(立山町吉峰にて)
 雪の山々を想像して吉峰まで行きましたが、
 今年の暖冬の影響で低い山の雪は少なく
 秋のような抜けるような青空のもとの
 立山連峰となりました。

Canon EOS 5DMarkⅢ+ EF16-35 f/2.8L Ⅱ USM



過去の立山連峰のブログ記事は こちら 





by meister_shaku | 2016-01-05 18:17 | 立山黒部アルペンルート写真 | Comments(0)

立山クラフトいよいよ明日開催! 5月30日-31日(立山総合公園)

立山町のクラフトフェア

「立山クラフト」

いよいよ明日開催します。

b0157849_20575790.jpg


地域おこし協力隊の佐藤さんの

発案、運営で準備が進められてきた立山クラフト

日本各地から作家さんが集まり、

クラフトブースでは
  陶磁器、金属、木工、紙、ガラス、布、皮など、

  オリジジナルの作品をつくる作家やユニット 約50組が集まり、

フードブースでは、
  ランチプレート、お菓子、パン、珈琲など、

  味や素材にこだわりを持つお店 約10組が集まります。
b0157849_20590012.jpg


このロゴマーク、ポスターも佐藤さんデザイン。
b0157849_20585051.jpg


そのロゴマークを各看板に付ける作業も

有志の方々で行います。
b0157849_20583976.jpg


作業中に、北日本新聞社さんの取材を受け、
b0157849_20591869.jpg


各テレビ局さんに取材していただき、

各雑誌やメディアの力も借り、アピールしてきました。
b0157849_20594544.jpg


有志の方により、素敵な看板も作られ、
b0157849_21001749.jpg


家にあった布を持ち寄り

手作りで迎える準備を進めました。
b0157849_21003895.jpg


いつの間にかポスターで使った新緑の麦は実り
b0157849_21010730.jpg


代わりに、田んぼには、水が張られ、

稲が植えられ、立山町中に新しい命が吹きこまれました。

b0157849_21013585.jpg


立山連峰の山の上のように、雷鳥はいませんが、

新緑に囲まれた会場で

沢山のクラフト作品に

色々な動物たちにも出会えるかもしれません。
b0157849_21023287.jpg


そんな立山クラフト

さあ明日、明後日は、立山町の「立山クラフト」へいらしてください。




   -------------------------------------------------------------
   ■ 日時  5月30日(土)10:00-17:00
           31日(日)10:00-16:00
   ■ 会場  立山町総合公園


   -------------------------------------------------------------



   詳しくはオフィシャルサイトへ↓↓





by meister_shaku | 2015-05-29 21:15 | 立山黒部アルペンルート写真 | Comments(1)

立山連峰の山々の名前201503 ~立山町から望む雪の立山連峰~(改訂版)

立山町から見た、雪解けの立山連峰

まだ田んぼに水の入ってない状態ですが。

あと一か月もすると、一面違った景色になります。



覚えた立山連峰の山々の名前、少しずつ増やしてます。
               (※追加、改訂版作ってみました)
追加、編集後
b0157849_16191803.jpg


編集前
b0157849_18315136.jpg
かなりごちゃごちゃした説明写真となってきましたが、
商品というわけではないのでご了承くださいm(__)m
過去写真含め、プリントする時はわかりやすくしてます。


左から、

   毛勝三山(けかちさんざん)
      毛勝山(けかちやま) 2414m

      釜谷山(かまたんやま) 2415m

      猫又山(ねこまたやま) 2378m


   鍋冠山(なべかんむりやま) 900m
       毛勝三山の下に見える鍋をひっくり返したように見える山。
       この鍋冠山に三度雪が積もると、里にも雪が降りてくると言われています。


   赤谷山(あかたんやま)2260m


      大窓(おおまど)


   池平山(いけのたいらやま)2561m


      小窓(こまど) 三の窓と小窓の裏側(東面)に氷河があるとされています。


      三ノ窓(さんのまど)


   剱岳(つるぎだけ) 2999m
       日本百名山の一つで、日本で唯二氷河の現存する山(もう一つは立山)
       映画「点の記」の舞台になった山。
       早月尾根から左に見える谷を順に、
       三ノ窓、小窓、大窓 赤谷、とあり、
       三の窓と小窓の裏側(東面)に氷河があるとされています。


   剣御前岳(つるぎごぜんだけ)2777m


   別山(べっさん)2880m 
       ※写真では大日岳に隠れ、見えていません。


   大日岳(だいにちだけ) 2501m
       大日岳に隠れて見えませんが、立山の横、大日岳の後ろに
       真砂岳があります。


   立山(たてやま)3015m
       立山という山は無く、富士の折立、大汝山、雄山三つの山が
       連なった状態で呼ぶそうです。
       今年は立山を舞台に撮影された映画、「春を背負って」が公開されます。

      富士の折立(ふじのおりたて) 2999m
        立山逆縦走での一番(?)の難所。ここの急勾配嫌いです(汗

      大汝山(おおなんじやま)  3015m
        立山連峰の最高峰

      雄山(おやま)  3003m
        日本百名山の一つで、日本で唯二氷河の現存する山(もう一つは剱岳)
        頂上には雄山神社(峰本社)(立山権現)があります。


   浄土山(じょうどさん) 2831m


   竜王岳(りゅうおうだけ) 2872m


    鬼岳(おにだけ)2750m


   獅子岳(ししだけ)2872m


   礼拝山(らいはいざん) 899m
       女人禁制だった立山に、女性達が礼拝する為に
       登った山。と聞いた事があるような気がします。
       布橋灌頂会(ぬのばしかんじょうえ)を終えた女性達が
       礼拝山に登り、この世側から立山(あの世)を拝んだとか。


   鷲岳(わしだけ) 2617m


   鳶山(とんびやま) 2616m 
       安政の大地震の一つ飛越地震の時に、鳶山が崩れ、谷を塞ぎ、
       その後決壊し、下流に大きな被害をもたらしたと言われています。
       この鳶山が崩れてしまうと、富山平野が2mの土砂で埋まってしまうとも
       聞いた事があります。


   越中沢岳(えっちゅうさわだけ)2591


   鍬崎山(くわさきやま) 2090m
       戦国時代に、富山城城主、佐々成政が財宝を隠したという言い伝えがあります。
       (以前、鍬崎山の桑の字の間違いを指摘して頂いたので、今回訂正しました。
        ご指摘ありがとうございます<(_ _)>)


   薬師岳(やくしだけ) 2926m




間違い等あれば、ご指摘いただけると助かります<(_ _)>


----------------------------------------------------


過去の立山連峰のブログ記事は こちら 


----------------------------------------------------


by meister_shaku | 2015-03-27 18:40 | 立山黒部アルペンルート写真 | Comments(1)

立山グリーンパーク吉峰 紅葉の遊歩道散策(富山県立山町の自然公園)

体の動かない日々が続く中、
散歩がてら、妻と近所の
立山グリーンパーク吉峰(富山県立山町の自然公園)
の、紅葉の遊歩道を散策してきました。


紅葉のメタセコイアの並木道を通り、
森の中の遊歩道へ
b0157849_17290396.jpg
b0157849_17323706.jpg



自然の森の散策で、さまざまな動物に出会う事があるので、
熊鈴や、ラジオ等の音の鳴る物を持って行った方が良いです。
遊歩道では、おしゃれな看板が出迎えてくれました。
が、
看板の主ではなく、
ニホンカモシカ(特別天然記念物)が出迎えてくれました^^
好奇心の強いニホンカモシカは、目が合ってもなかなか逃げず、
かなり近くまで寄ってみました^^
(近寄りすぎたのか、流石に逃げて行きましたが…)
b0157849_17293623.jpg
b0157849_17294449.jpg
b0157849_17295580.jpg


立山グリーンパーク吉峰には様々な遊歩道がありますが、
紅葉の綺麗そうな道を選びながら歩いて行きます。
高台にあるグリーンパーク吉峰の遊歩道は、
富山平野も見渡せ、見晴らしも良いです。
b0157849_17300749.jpg
b0157849_17301608.jpg
b0157849_17302583.jpg


遊歩道の一番奥にあるアーバータワー。
改修工事が終わった直後のようで、
手摺りが新しくなっていました。

アーバータワーからは、富山平野に、
夕日に映える立山連峰と、富山の山々が一望できました。
b0157849_17303633.jpg

b0157849_17305689.jpg

アーバータワーからは、富山平野(新湊大橋、北陸新幹線)が望めます。
b0157849_17310424.jpg



日が沈み、ギリギリ3,000m級の山々だけ
夕日に照らされている瞬間。
紅葉の海に、
雪の立山連峰が夕日に映えます。

左から、雪の
大日岳(だいにちだけ)2501m、雄山(おやま)3003m、浄土山(じょうどさん)2831m
   紅葉の、大辻山、礼拝山(らいはいざん)899m
b0157849_17313732.jpg
夕日に映える剱岳(つるぎだけ) 2999m
b0157849_17314561.jpg
b0157849_17312198.jpg
Canon EOS 7D + EF70-300 f/4.5-5.6 DO IS USM
Canon EOS 5DMarkⅡ+ EF16-35 f/2.8L Ⅱ USM


3000m級の立山連峰に積もる雪も、
麓に下りてくるまで、もう半月あまり
今年も、あっという間に冬を迎えてしまいそうです。


過去の立山連峰のブログ記事は こちら 




by meister_shaku | 2014-11-29 18:13 | 立山黒部アルペンルート写真 | Comments(1)

立山町吉峰から望む秋の立山連峰 ~山々の名前紅葉版~

立山連峰の山々の名前 立山町吉峰から望む秋の立山連峰 紅葉版


立山連峰の3000m級の山々が雪で覆われる中、
紅葉の立山町吉峰から、夕景の立山連峰を撮影してみました。
雪に覆われた立山連峰が、紅葉の海の上に浮かんでいるようです。
b0157849_20585164.jpg
左から、

   毛勝三山(けかちさんざん)
      毛勝山(けかちやま) 2414m

      釜谷山(かまたんやま) 2415m

      猫又山(ねこまたやま) 2378m


   (鍋冠山(なべかんむりやま) 900m)
     (毛勝三山の下に見える鍋をひっくり返したように見える山。)
     (この鍋冠山に三度雪が積もると、里にも雪が降りてくると言われています。


   剱岳(つるぎだけ) 2999m
       日本百名山の一つで、日本で唯二氷河の現存する山(もう一つは立山)
       映画「点の記」の舞台になった山。
       早月尾根から左に見える谷を順に、
       三ノ窓、小窓、大窓 赤谷、とあり、
       三の窓と小窓の裏側(東面)に氷河があるとされています。


   大日岳(だいにちだけ) 2501m
       大日岳に隠れて見えませんが、立山の横、大日岳の後ろに
       真砂岳があります。


   立山(たてやま)3015m(?)
       立山という山は無く、富士の折立、大汝山、雄山三つの山が
       連なった状態で呼ぶそうです。
       今年は立山を舞台に撮影された映画、「春を背負って」が公開されます。

      富士の折立(ふじのおりたて) 2999m
        立山逆縦走での一番(?)の難所。ここの急勾配嫌いです(汗

      大汝山(おおなんじやま)  3015m
        立山連峰の最高峰

      雄山(おやま)  3003m
        日本百名山の一つで、日本で唯二氷河の現存する山(もう一つは剱岳)
        頂上には雄山神社(峰本社)(立山権現)があります。


   浄土山(じょうどさん) 2831m


   竜王岳(りゅうおうだけ) 2872m


   (鬼岳)


   (獅子岳)


   (礼拝山(らいはいざん) 899m)
      (雄山の下に見える、丸い山)
      (女人禁制だった立山に、女性達が礼拝する為に)
      (登った山。と聞いた事があるような気がします。)
      (布橋灌頂会(ぬのばしかんじょうえ)を終えた女性達が)
      (礼拝山に登り、この世側から立山(あの世)を拝んだとか。)


   鷲岳(わしだけ) 2617m


   鳶山(とんびやま) 2616m 
       安政の大地震の一つ飛越地震の時に、鳶山が崩れ、谷を塞ぎ、
       その後決壊し、下流に大きな被害をもたらしたと言われています。
       この鳶山が崩れてしまうと、富山平野が2mの土砂で埋まってしまうとも
       聞いた事があります。


   鍬崎山(くわさきやま) 2090m
       戦国時代に、富山城城主、佐々成政が財宝を隠したという言い伝えがあります。
       (前回、鍬崎山の桑の字の間違いを指摘して頂いたので、今回訂正しました。
        ご指摘ありがとうございます<(_ _)>)


   薬師岳(やくしだけ) 2926m

間違い等あれば、ご指摘いただけると助かります<(_ _)>



過去の立山連峰のブログ記事は こちら 





by meister_shaku | 2014-11-24 03:21 | 立山黒部アルペンルート写真 | Comments(1)

布橋灌頂会(ぬのばしかんじょうえ)2014 動画編

布橋灌頂会(ぬのばしかんじょうえ)2014 動画編

動画は、自分用に撮ったもので、
手振れが激しく、構図もありませんが、
この時の荘厳な雰囲気を残したくて、撮ってみました。


---------------------------------------------------------

布橋灌頂会(ぬのばしかんじょうえ)写真、動画は  こちら 

---------------------------------------------------------


閻魔堂儀式
  閻魔堂で儀式を終えた女人衆が、
  お坊さん達を先頭に、目隠しをして
  明念坂をゆっくりと降りてきます。





橋渡り儀式
  明念坂を下り、布橋へ向かって、
  一歩一歩足元を確認するように
  進んでいく様子が印象的でした。




明念坂のお地蔵さん達に添えられたロウソク
b0157849_18263361.jpg
Canon EOS 7D + EF70-200 F2.8 L IS ⅡUSM
Canon EOS 5DMarkⅢ+ EF16-35 f/2.8L Ⅱ USM


---------------------------------------------------------

布橋灌頂会(ぬのばしかんじょうえ)写真、動画は  こちら 

---------------------------------------------------------

by meister_shaku | 2014-09-26 18:13 | 立山黒部アルペンルート写真 | Comments(0)

布橋灌頂会(ぬのばしかんじょうえ)2014 橋渡り儀式

立山町芦峅寺で、3年に一度しか行われない
布橋灌頂会(ぬのばしかんじょうえ)撮影に
いつもお世話になってる写真仲間と向かいました。


布橋灌頂会(ぬのばしかんじょうえ)は
元々は女人禁制だった霊峰立山へ登れない女性を救う為、
橋を渡って極楽往生を願う立山信仰の伝統儀式。
今は
女性の為の「心の癒しの儀式」として行われています。


閻魔堂
 儀式の始まる前に、現地のロケハン。
 ここは閻魔堂横にある、お地蔵さん達
b0157849_21402446.jpg


明念坂
 目隠しをした女人衆がこの明念坂を下り、
 布橋へ向かう事になります。
b0157849_21404219.jpg



閻魔堂儀式

 白装束に目隠しをした女人衆、閻魔堂でのざんげの儀式の後
 それぞれの想いを心に秘めた様子で準備をされていました。

 個々の方がそれぞれに想いがあるように見え、
 一人一人、一枚一枚。
 丁寧に写真に収めれたらと思い、撮影に挑みました。
b0157849_21404929.jpg

b0157849_21423361.jpg

b0157849_21422602.jpg



雅楽の荘厳な音色と聲明(しょうみょう)が響く中、
明念坂の、沢山のお地蔵様に見守られながら、
目隠しをした女人衆がゆっくりゆっくりと坂を下り、
布橋を目指します。
b0157849_21432176.jpg

b0157849_21431074.jpg

b0157849_21440734.jpg


b0157849_21442151.jpg



橋渡り儀式

 女人衆が一歩一歩ゆっくりと布橋を渡り
 写真手前の「この世(此岸)」から
 写真の奥の「あの世(彼岸)」へ向かいます。
b0157849_21463726.jpg
b0157849_21575071.jpg

日本三霊山の一つ「霊峰立山」

 ここ数日は雲で覆われ、
 なかなか見る事のできなかった霊峰立山。
 この日、久しぶりに立山頂上まで見える快晴の空となりました。
 布橋越しに、画面左上の台形の山が標高3015mの立山

 立山を望みながら、三途の川に見立てたうば堂川の上を
 ゆっくり、ゆっくりと進みます。
b0157849_21573260.jpg


多くの観光客に囲まれていましたが、
布橋は、全くの別世界のように
厳かに橋渡り儀式が執り行われていました。

写真右側の「この世」から布橋を渡り
写真左側の「あの世」のうば堂へ、
生と死の境を越え、立山に見立てたうば堂があり、
極楽往生を願いうば堂儀式が執り行われます。

うば堂へは、女人衆と関係者以外入れません。
b0157849_21580169.jpg


うば堂儀式

 「あの世」のうば堂で、清められた女人衆は、
 目隠しを取り、再び布橋を渡り、
 画面左の「あの世」より、画面右の「この世」に戻ってきます。
 清らかに清められた様子の女人衆は
 先程とは雰囲気も変わっているようでした。
b0157849_21582300.jpg

b0157849_21583158.jpg



おまけ。一般橋渡り体験

 儀式が一通り終わると、
 一般の方向けの橋渡り体験が行われました。

 橋渡り儀式の最中は、荘厳な雰囲気に押され気付かなかったのですが、
 僧侶の方が、何やらお札のようなものを撒きながら進んでいる様子。
 このお札、蓮の花びらを模したもので、場を清める意味があるそうです。
b0157849_21584683.jpg
Canon EOS 7D + EF70-200 F2.8 L IS ⅡUSM
Canon EOS 5DMarkⅢ+ EF16-35 f/2.8L Ⅱ USM


---------------------------------------------------------

布橋灌頂会(ぬのばしかんじょうえ)写真、動画は  こちら 

---------------------------------------------------------


今回声をかけて下さった役場の担当者の方、
素敵な機会を頂きありがとうございました。

色々調べは致しましたが、間違い等あればご指摘いただけると幸いです。

by meister_shaku | 2014-09-22 22:40 | 立山黒部アルペンルート写真 | Comments(1)

布橋灌頂会(ぬのばしかんじょうえ)2014-09-21

布橋灌頂会(ぬのばしかんじょうえ)


立山町芦峅寺の布橋で行われた
布橋灌頂会(ぬのばしかんじょうえ)
にお邪魔してきました。

まずは、布橋を渡る前の
静寂の雰囲気のわかる一枚から。
b0157849_14463953.jpg
EOS 7D + EF70-200 F2.8 L IS ⅡUSM


---------------------------------------------------------

布橋灌頂会(ぬのばしかんじょうえ)写真、動画は  こちら 

---------------------------------------------------------

by meister_shaku | 2014-09-21 15:23 | 立山黒部アルペンルート写真 | Comments(0)

立山登拝

立山登拝(たてやまとはい)

登拝という言葉をご存知ですか?
元々立山は、信仰の対象の山。
雄山頂上には雄山神社峰本社があります。
一般的に立山(雄山)へ登る時は「立山登山」と言いまが、
雄山神社峰本社への参拝を目的として
立山(雄山)に登る事を立山登拝と言います。
b0157849_20534985.jpg


今回、友人の立山登拝に同行し
信仰を目的として登山される方々の
修行の様子を写真撮影をしてきました。
そして、まだまだ雪が多く残る中、
雨と暴風にさらされながらの登拝(登山)となりました。
b0157849_20540287.jpg


彼らは、残雪が残り、雨の降りしきる中、
山伏の衣装に身を包み、足袋を履き、
雄山頂上にある、雄山神社峰本社を目指します。
(流石に雨具は着用されてましたが足袋はそのまま…)
b0157849_20541265.jpg
とはいうものの、私も不勉強で、
細かい事は良く知らない為、
写真も記事もここまで。

立山信仰の事や、彼らの思い、
もっと勉強してから、記事にしていきたいと思います。

明日(明後日かも)の富山新聞に紹介されてたら、それは私の写真(多分)



※私は普通に登山靴で撮影していました。
※室堂から雄山山頂の雄山神社峰本社に参拝するコースを
 立山登拝道コースとも言います。
※雄山と立山の名称の使い分け難しいです。間違ってたらごめんなさい。

by meister_shaku | 2014-07-13 21:18 | 立山黒部アルペンルート写真 | Comments(2)

立山連峰の山々の名前 ~立山町から望む雪の立山連峰 冬版~

立山連峰の山々の名前 立山町から望む雪の立山連峰 冬版


立山町の散居村が一面の雪に覆われる中、
いつもの場所から立山連峰写真を撮ってみました。
               (3月撮影)


(前回、鍬崎山の鍬の字を「桑」と表記していたので、修正版でもあります。)
 ※画像をクリックすると、大きく見やすくなります。
b0157849_11530571.jpg

左から、

   毛勝三山(けかちさんざん)
      毛勝山(けかちやま) 2414m

      釜谷山(かまたんやま) 2415m

      猫又山(ねこまたやま) 2378m


   鍋冠山(なべかんむりやま) 900m
       この鍋冠山に三度雪が積もると、里にも雪が降りてくると言われています。 


   剱岳(つるぎだけ) 2999m
       日本百名山の一つで、日本で唯二氷河の現存する山(もう一つは立山) 
       映画「点の記」の舞台になった山。
       早月尾根から左に見える谷を順に、
       三ノ窓、小窓、大窓 赤谷、とあり、
       三の窓と小窓の裏側(東面)に氷河があるとされています。


   大日岳(だいにちだけ) 2501m
       大日岳に隠れて見えませんが、立山の横、大日岳の後ろに
       真砂岳があります。


   立山(たてやま)3015m(?)
       立山という山は無く、富士の折立、大汝山、雄山三つの山が
       連なった状態で呼ぶそうです。
       今年は立山を舞台に撮影された映画、「春を背負って」が公開されます。

      富士の折立(ふじのおりたて) 2999m
        立山逆縦走での一番(?)の難所。ここの急勾配嫌いです(汗

      大汝山(おおなんじやま)  3015m
        立山連峰の最高峰

      雄山(おやま)  3003m
        日本百名山の一つで、日本で唯二氷河の現存する山(もう一つは剱岳)
        頂上には雄山神社(峰本社)(立山権現)があります。


   浄土山(じょうどさん) 2831m


   竜王岳(りゅうおうだけ) 2872m


   鬼岳


   獅子岳


   礼拝山(らいはいざん) 899m
       女人禁制だった立山に、女性達が礼拝する為に
       登った山。と聞いた事があるような気がします。
       布橋灌頂会(ぬのばしかんじょうえ)を終えた女性達が
       礼拝山に登り、この世側から立山(あの世)を拝んだとか。


   鷲岳(わしだけ) 2617m


   鳶山(とんびやま) 2616m 
       安政の大地震の一つ飛越地震の時に、鳶山が崩れ、谷を塞ぎ、
       その後決壊し、下流に大きな被害をもたらしたと言われています。
       この鳶山が崩れてしまうと、富山平野が2mの土砂で埋まってしまうとも
       聞いた事があります。


   鍬崎山(くわさきやま) 2090m
       戦国時代に、富山城城主、佐々成政が財宝を隠したという言い伝えがあります。
       (前回、鍬崎山の桑の字の間違いを指摘して頂いたので、今回訂正しました。
        ご指摘ありがとうございます<(_ _)>)


   薬師岳(やくしだけ) 2926m


前回とほぼ同じ説明になりますが、
他にも知ってる山の名前があれば教えて頂けると幸いです^^
間違い等もあれば、ご指摘いただけると助かります<(_ _)>



過去の立山連峰のブログ記事は こちら 




by meister_shaku | 2014-04-20 22:40 | 立山黒部アルペンルート写真 | Comments(0)